【閲覧注意】ボニックの効果を体験レビュー!

ボニックの効果暴露レポートMENU


ボニック購入のきっかけ

はじめまして。
アラサー主婦のトン子です。

 

私は小さい頃から足が太くてコンプレックスでした。
三十路をすぎた今、ついにお腹まで弛んできてしまいました。

 

エステに行くこともあります。
でも痩身系のエステは、どこも1回1万5千円〜2万円くらい。
1回ではきれいになれないので、10回以上通うのが目安だそうです。

 

決してお金持ちではないので、そんなにお金、かけられません。
たとえお金があっても、エステに通うのは正直面倒です。

 

「自宅で安く簡単に、好きな時間にできる痩身はないのか?!」と思って、
ネットであれこれ調べて見つけたのが「ボニック」でした。

 

エステの店員さんが良く言うのはこの2つです。

  • 脂肪をやわらかくして、リンパの流れに乗せて出すと痩せる
  • リンパの流れを助けるのが筋肉

 

ボニックは1台で、超音波&EMSの両方ができます。
超音波は1秒間の100万回の振動を与えて、脂肪をやわらかくするもの。
EMSは筋肉を直接動かして、強制的に筋肉運動するものだそうです。

 

エステでこのメニューをすると最低でも1万円かかるので、
これが自宅で安くできるなんてすごい!と思って、ボニックを購入することにしました。

 

ボニック到着&初体験

 

我が家にボニックが到着しました。

 

冊子類と、ボニック本体と、ボニック用ジェルが入っています。

 

ボニック本体はこんな感じです。

 

思ってたより本体は小さかったです。

 

真ん中の丸いところから超音波(脂肪を柔らかくする)、
周りの長四角からEMS(低周波で筋肉強制運動)が出るそうです。

 

それぞれ切り替え用のボタンがあります。

 

右側がメニューで、左側は強弱です。

 

使い方が書いてあります。

 

 

使い方も丁寧に書いてあり、見るだけでわかるのが良いと思います。
どの部位はどれくらいの強弱がいいのか、何分くらい使うのかもちゃんと書いてあります。
目安として、各部位5分くらい。

 

ジェルはこんな大きさで、たっぷり入っています。

 

グリセリンをはじめとする保湿成分たっぷりなジェルです。

 

透明でとろっとしています。

 

結構冷たいので、お腹につけるときは構えてつけたほうがいいかも知れません。

 

ジェルをひろげて、さっそくボニックを使ってみました。

まず、脂肪を柔らかくするための超音波(ソニックモード)です。

 

 

じんわり温かいかな?という感じで、熱すぎるとか、刺激がきついということは全くありませんでした。
ジェルの上をするすると、マッサージするようにすべらせます。

 

たまにキーンという音がする時もありましたが、気になるほどではありませんでした。
5分ほどすべらせたら、お肌がしっとり。

 

つぎに筋肉運動のEMSをします。

 

ボタンで切り替えたところ…正直びっくりしました。
ビィーンという振動が筋肉にダイレクトに届いて、筋肉が勝手に動いたんです!
しかも、目で見て分かるくらい筋肉が波打ってて、びっくりして一度ボニックを離してしまったくらいです。

 

EMSのほうは、当てる場所によっては痛みもありました。
説明書を読んだら「痛いところは無理しなくていい」と書いてあったので、レベルを調整して続けました。

 

ひざあたりにボニックを当ててEMSをすると、ひざから下が勝手にはねあがるくらい、強制的に筋肉運動しているのがわかります。
エステで味わったのとまったく同じ筋肉運動ができて「エステでこれやったら1万円くらいかな」と思うとお得感もありました。

 

ボニックを使う時、大事なのは「ジェル」です。
ジェルが乾いてきたり、ジェルがぬられていないところに機械を当てたところ、
超音波の温かさもEMSのビーンとした感じもまったくありませんでした。
ジェルをたっぷり塗ったところは、ボニックの反応もとても良いです。

 

どうやらジェルを介して超音波や振動が伝わってるようなので、使う時はジェルをたっぷり塗った方がいいと思います。

 

使用後

 

超音波と低周波の両方を、合わせて10分くらいやってみました。
やる前は太ももが固かったのですが、やり終わったら少し柔らかくなっていて、見た目もつやつやで良い感じです。

 

お腹もやってみました。

 

ボニックはいろいろな角度で握れるので、お腹も足も無理な姿勢にならずに当てることができました。

 

充電

 

使い終わったらジェルを拭いて、充電しておきます。
完全防水なので水洗いもOKだそうです。

 

ジェルは最初、ねっとりしていますが、乾くとさらっとしてべたつきは残りませんでした。
翌日も、起きたら肌がしっとりしていて保湿力もあるようです。
正直、こんなに脂肪や筋肉に働きかけることが実感できると思ってなかったので、この体験はおどろきでした。

 

ビフォーアフターお見せします!

 

使用前

 

 

まず使用前はこんな感じです。
お腹でっぷり、足もたるんでてしまりがないです…

 

毎日10〜20分くらいボニックを続けて4日後。

 

 

まだこれといって変化は分かりませんが、すこし血色は良くなってきたように思います。

 

さらに続けること数日。開始から2週間後が、こちらです。

 

 

毎日やってると変化に気付きにくいのですが、
開始前の写真と比べるとあきらかにお腹周りも足もすっきりしています!

 

開始前と2週間後の写真を並べてみました!

 

セルライトっぽくぼこぼこなってたところが、すっきりしてるのが分かります。
以前は一生懸命あげてたジーパンがするっと入るようになってきました。

 

さらに続け、3週間後。

 

 

おなか回り、最初に比べてかなりすっきりしました!

 

 

正直、この3週間ボニックくらいしかやってません。
運動もしてませんし、食事制限もしていません。
なのにこれだけ変化が出て、驚いています。

 

テレビを見ながらボニックをしたり、漫画片手にボニックをしたり、
とにかく「ながら作業」でできるのがボニックのいいところだと思います。

 

ジェルはたっぷりつけていたので、3週間で1本使い切りました。
お肌もしっとりするので、冬の乾燥にも対応できるのではと思います。

 

体重は56キロ→55キロで、そんなに減っていません。
見た目の変化は、おそらくむくみや老廃物が取れたから現れたのだと思います。

 

不要なものを身体からどんどん出せるボニック、ダイエットだけではなくデトックス面でも良いのではないでしょうか。
とにかくお手軽簡単で私に合ってると思ったので、今後もジェルを買って、続けて行きたいと思っています。

 

 

ボニックの効果的な使い方

ボニックには、超音波(ソニック)モードとEMS(パルス)モードがあります。

 

超音波(ソニック)モード

何も感じないという声もありますが、超音波モードでボニックを使っているとほんのり温かくなってきます。
それは、超音波の振動によって細胞自体の温度が上がり、脂肪が分解されやすい状態になった証拠です。
また超音波モードは、毎秒100万回振動するので、血液や体液の循環が活発になります。

 

つまり超音波モードは、代謝が上がり痩せやすい状態にするモードというわけです。

 

EMS(パルス)モード

超音波モードとは逆に、EMSモードはハッキリした刺激が伝わります。
ボニックには、低周波ヘッドが6個ついています。
低周波ヘッドは、微弱電流が流れていて、この電流により筋肉を動かします。

 

つまり、筋トレと同じような運動を自動的にしてくれるモードです。
なかには、筋肉痛になった!なんて人もいるほどです。

 

この2つのモードを上手に使い分けましょう。

 

 

正しい場所にあてる

 

筋トレを行う場合は、鍛えたい場所の筋肉を使う運動をします。
それと同じようにボニックも、引き締めたい部分に効果的な筋肉を動かす必要があります。

 

お腹周りを引き締めたいからといって、やみくもにあてていては、効果も半減です。

 

 

例えば、くびれを作りたいなら青い部分にある腹斜筋、
下腹部をへこましたいなら、黄色い部分の腹横筋にボニックをあてなければなりません。

 

どこに使えば良いのかは、ボニックに同梱されていた冊子にわかりやすく書かれていますから、
自分が引き締めたい部分に効果的な場所をしっかりとチェックしておきましょう。

 

毎日続ける

三日坊主にならないよう、できるだけ毎日続けるのがポイントです。

 

1日に筋肉を全く何も使わなければ10%筋力が落ちるというデータがあります。
筋トレと同じ効果を与えるボニックは、続けることが大切というわけですね。

 

口コミを見てもわかるように、効果が出ない!という人は
続けられず効果が出る前にやめてしまっているということがわかります。

 

筋トレも同じですが、数日で効果が出るわけではありません。
何ごとも継続が大事ってことですね。

 

ただし、体調が優れないときは無理はしないでくださいね。
生理中も使用を控えた方が良いと説明書に書かれています。

 

バスタイムに使う

ボニックは防水タイプで、充電式のコードレス仕様なのでお風呂でも使えます。
代謝の上がっているバスタイムや入浴後に使うと、より効果的です。

 

もちろんバスタイムや入浴後に行うことが難しい場合は、都合の良いときでかまいません。
しつこいようですが、とにかく無理せず続けられるようにしましょう。


ボニックは顔痩せに効果的?

もししてボニックって顔に使ったら、小顔になるんじゃない?
そんなふうに考える人が少なくないようですね。

 

確かに、引き締め効果がありそうに思えます。
でも残念ながら、ボニックはボディ専用なんです。

 

 

体に比べると顔の筋肉はとても繊細にできていますし、皮膚の厚みも違います。
ボニックは、ボディ用に作られていますから、顔に使うにはパワーがありすぎなんです。

 

そのほかにも、使用してはいけない部位があります。

 

眼球部分(上まぶた)・耳/傷口/悪性腫瘍/整形をされた直後の部位/指定部位以外/顔面黒皮症/口の中等粘膜の部位/体内に金属やプラスチック、シリコン等を埋め込んでいる部位/喉仏の周辺(超音波の場合)/妊娠中の方は、お腹まわり

 

 

またボニックは、お腹や太ももなどの体に使いやすい形に作られています。
これを顔に使用するのは、形状的にちょっと大変そうです。

 

が!口コミを見てみると、顔に使っている人もいます。^^;

 

 

使って使えないことはないようですが、あくまでも自己責任ということですね。

 

やはり顔には、顔専用のものを使った方が安心です。